【WordPress】でも”Weglot Translate”がやっぱりすごすぎる件

toddler with red adidas sweat shirt Wordpress
Photo by mohamed Abdelgaffar on Pexels.com
Wordpress

先日Shopifyのアプリとして紹介したWeglot Translateだが、もしやと思い、Wordpressでもプラグインがあるのでは、と思い、調べたらやっぱりあった

そういうわけで、本サイトにもプラグインをインストールしてみた。

WordPress 翻訳プラグイン – Weglot Translate
WordPress サイトを翻訳して多言語化。プログラミングなしで100以上の言語に翻訳することができます。

インストールして、プラグインを有効化すると、以下のように管理画面にてAPIキーの入力が必要になるのだが、Shopifyの時同様に、1言語にしか翻訳を必要としていないなら、無料で登録してAPIを発行できる。

発行したAPIキーを入力するだけで、ページ下部に「日本語/English」の切り替えのタブが表示され、あっという間に以下のように、本サイトを英語に翻訳できてしまう。。。!

Chromeであれば、ブラウザに自動翻訳機能がついていたりするから、もしかすると不要という声もあるが、このWeglot Translateの良いところは、翻訳するワードを自分で設定できるところだ。

そのため、意図しない翻訳結果になってしまったり、翻訳したくないでそのまま表示したいワードなども、意図通りにできるという点がありがたい。

また、僕の感覚では、Googleの翻訳よりも、精度が高く感じる。

また、僕がこのプラグインを入れたいと思った一番の理由が、コンテンツをワールドワイドにしたいためだ。

日本で発信するコンテンツは、ブログにしろ、Instagramにしろ、Twitterにしろ、国内で閉じてしまっているコンテンツが多い。

いまやInstagramはアメリカで最も使用されているSNSツールのひとつであるはずだが、日本でアメリカの発信を目にする機会は少ない。それは、ハッシュタグや検索ワードをすべて日本語で書いているからだと思う。これは、YouTubeでも同じことが言える。

ShopifyやWordpresの技術情報を調べる際も、英語で検索をすると、日本語とは比べ物にならないほどの情報ソースが拾える。

良質なブログ記事やSNS投稿をしているのに、海外ユーザを取りこぼしているのは、すごくもったいない。

自身のコンテンツを多言語化してみて、効果があった例があったら、また記事に取り上げたい。情報もお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました