【CSS,jQuery】input type=”file”のデザインをカスタマイズする【アップロード時のアニメーション,ファイル上限オーバー時のアラートも!】

PRYTHMWORKS CSS
CSS HTML jQuery

画像ファイルなどをアップロードできる<input type=”file”>タグだが、何も手を加えないとこのような見た目になる。

iPhone(iOS)での表示

Windowsでの表示

OSによってUIがそのOSの備えている仕様になって表示される。

これをデザインすることは、他の<input>の仲間の<select>,<checkbox>,<radio>と違い、

ユーザが「自分が何をファイルアップロードしたかわかるようにする」処理が必要だ。

つまり、上記のUIでいうと「ファイル未選択」や「選択されていません」と記載のあるテキスト部分が

ファイルアップロード後に、ファイル名に置き換わってくれるようにする処理も、デザインを調整する中で自力で行うことになる。

今まで何気にこういったUIを作成する機会がなかったので、大変勉強になった。

HTML, css, jsをモジュール化しておくとあとで自身の備忘録にもなると思い、

Code Penで再現しました。同じような要件を実現する際の参考にどうぞ。

See the Pen Untitled by Naoto Yoshikawa (@nanaironanaoto) on CodePen.

参考にした情報

input type="file"のボタンデザインとJavaScriptの処理方法
目次input type="file"はそのまま使用されないtype="file"をlabelタグで囲むJavaScriptで選択したファイル名を表示 input type="file"はそのまま使用されない HTMLで …
How to Get File Name, Size, Type Count in jQuery [Input File, File Api]
How to display file information i.e get file name, file size, file type with jQuery before upload it. Using File API, HTML5 multiple attribute select multi file

追記

OSからブラウザにファイル送信されるまでの間に、ファイル名表示もされずしばらく沈黙の間があってユーザが離脱しそうなので、

ボタンをゲージに見立てて、ゲージがたまっていくアニメーションを追加した。

See the Pen Untitled by Naoto Yoshikawa (@nanaironanaoto) on CodePen.

参考にした情報

さらに追記

上記Code PenのJSに、「ファイルサイズが10MBオーバーしたとき」の条件分岐を入れました。

ここでひっかかりそうになるのが、10MB = 10240000バイトということです。

慣用的な表現で、1MB = 1000バイトと記載されていることがありますが、厳密には1MB = 1024バイトなのです。

if(file01.size>10240000){
  alert('ファイルが10MBを超えています');
  $(this).val('');
  return;
}

この判定を入れることで、簡易的にはなりますが

たった3行ですが以下の処理をしてくれます。

  1. OS依存のポップアップアラートを表示・・・alert;
  2. 入力しようとしたファイルを無効に・・・$(this).val(”);
  3. アップロード処理をキャンセル・・・return;

いかがでしたか?

初期のOSデフォルトのファイルアップロードがめちゃくちゃイケてないことがよくわかりました!

ぜひファイルアップロードの案件があった際に参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました